―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アンチエイジング神の独り言ブログ

トップページ > ついに誕生日がやってきました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

ついに誕生日がやってきました。

ついに誕生日がやってきました。



とうとう私も40代の仲間入りをしてしまいました。今までは日焼け止めと安価な化粧水くらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまで通りのスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。

過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)では通用しない年齢ですよね。エイジングケアの方法は色々とあるようなので、調べてみなくてはと思案しています。一度、肌に出来てしまったシミは、消して美肌になることは無理だとたくさんの方が思っているようですが、お肌のシミが消しにくいのは、家庭で行なう対策に限ったお話になるのです。
目立つシミは美容クリニックでレーザーを使う事で簡単に消すことが出来るのです。とはいっても、皆様がご存知のように費用もかかりますし、治療後にもケアが必要になるのですが、いつまでもシミに悩まされ続けてしまうのであればクリニックで専門医からの治療をうけた方が良いかも知れません。

最近、肌にたいへん年齢を感じるようになりました。笑っ立ときに目もとに集中するようなシワが多く、多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。
スキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)だって費用や時間をとっているので、こういうことになるとは思いませんでした。目元・口元は年齢が出やすいと言われているので、専用アイテムを色々試してみて、水と脂を補充するスペシャルケアを行っています。年齢に合わせて、そろそろケアも変えどきなのかも知れません。乾燥肌の人は保湿が大事です乾燥肌に対する保湿は体の外からも内からも実施してちょーだい。

体の外からというのは、肌に直接水分補給を行って、保湿をするりゆうですね。

洗顔するときは低刺激の洗顔料を使うか、何もつけず、ぬるめのお湯を使って軽く付着した汚れを落とすように洗顔して下さい。
軽く洗顔したら、すぐにお肌をケアすることを忘れないでちょーだい。

ベース化粧品は肌にその通りつけていただくものなので、その効果ももちろん大事なのですが、素材の良さにもこだわって選びたいものです。肌にダメージを与えないためにも、成分や原材料をよく確認して、変な物質の入っていない商品、出来ることならオーガニック素材の製品を選びたいですね。

スキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。
過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)中にふと鏡を見てとあるインスピレーションを得ました。
肌が柔らかい状態でいる場合しわってあまりできないのかも知れない、ということです。

目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかが目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれどしばらく前から炭酸パックを始め、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころにはしわがあまり目立たなくなってきたように思います。炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。洗顔をしっかりとふき取らないと肌荒れになることもあるので、すすぎをゆっくりとおこないて下さい。
その後には、利用するのは化粧水や乳液など、保湿を丁寧に行ってちょーだい。保湿をしないことは、肌が乾燥してしまう原因になってしまい、シワが発生しやすくなるのです。
保湿をきちんと実行できれば、シワが出来ない様に、予防・改善することが出来ます。
出来る限りのUV対策やお肌の手入れをしていたのに顔のシミはいつの間にかできています。


このようながっかりした経験をお持ちの方持たくさんいらっしゃると思います。目立つシミから目立たないシミにしていくにはビタミンCの摂取が効果絶大です。

ビタミンCを摂取することによってシミは改善されていきます。食事だけで必要なビタミンCを摂取するのは難しい方はビタミン剤などのサプリメントを使うのも白い肌への近道かも知れません。
肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、沿うでなければ荒れていることがわかります。ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に造られた模様のことを言います。
キメが細かくよく整った肌は皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。

でも、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、すぐ下にある真皮もダメージをうけてしまいます。

皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみをつくることになるのです。毎日2リットルの水分補給は健康に役たちます。お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物がお肌にたまるので、お肌のくすみやシミが目立ってしまいます。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみも小じわもほうれい線も増加していくのです。常日頃から水分不足には気をつけてちょーだい。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 アンチエイジング神の独り言ブログ All rights reserved.